旅行業

学生たちの体験記

旅行業

旅行業

大学2年生
大野司(おおの つかさ)君 〈参加期間:3週間〉

誰かのために働くこと=自分自身のために働くことだということを忘れずに、1日1日を全力で挑戦していくことを大切にしていこうと思いました。

◆今夏の研修プログラム参加のきっかけは?
 自分が参加したきっかけは、自分自身の目標を実現できるのはどんな仕事か、またどのような仕事が自分に向き、やりたいことなのかを見つけるきっかけになればと思いました。そして英語を学んでいるので、実際どの程度会話をすることができるのかを試すいい機会でもありました。新しい環境の中で現在持っている能力の向上と新たに発見して身につけることで、今後の人生に役立つと思い参加しました。

◆通勤の感想 
 日本と違い電車の本数が1時間に6本、正確な時間にこないので常に早めの行動を心掛けましたね。1本のがしたら遅刻、次の電車はいつくるんだろう?と少し不安はありありました。電車に自転車を乗せるのは最初少し驚きました。あとお年寄りや何らかの障害を持っている人が乗ってくるとたいていの座っていた人が席を譲っていました。これは見習わなければと感じました。

 

◆ホームステイ体験の感想
 ホームステイ先の方々は本当に優しく、親切な方々でした。話すにもずっと待って聞いてくれたり、ゆっくりと話してくれたり本当に話しやすい環境だったと思いました。料理がなんかすごくて最初は食べるのがつらかったです。みんなの活動時間がばらばらで全員そろっての食事は休日にしかなかったのが残念ですが、食後のNBA鑑賞は本当にみんなで騒いでました。それに制限などもなく自由に過ごせたりお手伝いもしたりして楽しく過ごせました。

◆企業研修での研修内容
 主な研修内容は前年以降の書類整理、次に行われるツアーの資料の印刷だったんですが、思った以上に業務を覚えるのが早い、と次々に新しい仕事にチャレンジさせていただきました。年度別に売上を調べたり、電話でパンフレットの請求をしたりディナーの予約なんかもしました。一気に難易度があがったとおもいましたね。でも企業の方々はずっと丁寧に教えてくださって頑張ろうと思えたし、なにより期待に応えたいと思いました。何度かツアーにも参加させてもらって観光地の写真撮影をしレポート作成もしました。みなさんが優しく丁寧、そして、なによりもみなさんずっと笑顔でした。約2週間と短い期間ですが、本当に楽しく一生懸命研修させていただきました。

◆週末はどのようにすごしましたか?
 インターンに参加している同じ大学の人とディズニーランドに行きました。東京のほうにも行ったことないのに初めてがカリフォルニアなんてとても贅沢なやつやなと自分で思いました。笑
パレードも綺麗でアトラクションも迫力があって楽しかったです。あとホームステイ先がダウンタウンだったのでいろんなところに歩いて散策してました。アカデミー賞が行われたコダックシアターやビバリーヒルズなど行くまでにもいろんなお店があったり、いろんな人がいて2日で合計十数時間歩きましたが全然苦にならないくらい刺激がありおしゃれな家がありどこまででもいけるくらいでした。夜はホームステイの方々とテレビをみたり話をしたりと1日中良い意味で忙しく過ごしました。

◆1日のスケジュールを教えてください。
 7:00 起床
 7:15 朝食
 8:00 出発
 8:45 出社
12:00 昼食(やく1時間)
17:00 退社
18:30 夕食
19:00 自由時間
23:30 就寝
 

◆プログラム全体を通じて感じたこと
 まずはもっと英語を学ばねばと痛感しました。たくさんの外国人と会話する中で言いたいことを伝えれても次になんて言っているのかわからない、逆に言っていることがわかってもなんて返したらいいのかわからないと大変だったので、次はそうならないようにもっと勉強しないといけないです。仕事を通じて、たくさんの企業の方、同年代の学生を通じて積極的に何事にもチャレンジすることが大切なんだと思いました。挑戦しないとわからない、失敗してもくじけない、その失敗は学びだとおっしゃる人しかいませんでした。僕自身ももっと積極性をもってたくさんことに挑戦していきネガティブにならないことを心掛けていくことが大事でそうなるように努力しようと思いました。誰かのために働くこと=自分自身のために働くことだということを忘れずに1日1日を全力で挑戦していくことを大切にしていこうとおもいました。

 

◆今後海外研修を目指す学生へのメッセージ
本当に良い経験ができると思います!とりあえず楽しむことと積極的にチャレンジしていくことが大切です。失敗を恐れてはいけません。

ページ先頭