化粧品販売

学生たちの体験記

化粧品販売

化粧品販売

大学3年生
松尾愛由花(まつお あゆか)さん <参加期間: 3週間>

「このプログラムを通して、自分はまわりの人に支えられて生きているのだと強く感じました。相談にのってくれ、お互いを高め合える仲間にも出会うことができました。3週間で学んだことを決して忘れず、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。」

◆今回の研修プログラム参加のきっかけは?

夏休みの期間を利用して、学校に頼らず自分で何か大きなことに挑戦したいと思っていたとき、インターンシップの報告会で出会った先輩にこのプログラムのことを教えていただきました。企業研修だけでなく、アメリカで働く日本人や学生の方たちとキャリアについて話し合うなどの他では経験できないような内容もあり、多くの人との出会いと、自分を成長させる良いチャンスだと思い参加を決めました。

◆バス・徒歩通勤の感想 

勤務先はバスで15分ほどのところでしたが、私の使っていたバスは30分に1本しかなかったので少し不便でした。運転手によってはアナウンスがないときもあり、初めのうちは自分が降りる場所が分からず苦労しました。行き先を伝えた時や乗換えをしたときは親切に対応してくれたのでうれしかったです。運転手にあいさつをするのを心がけていて、乗るときのHiと、降りるときのThank
you、You’re welcomeのやりとりが毎日の日課でした。

 

Matsuo1.jpg

◆ 
 ホームステイ体験の感想

私は以前にホームステイの経験があったのですが、そのときはあまり心地よく過ごせなかったので、今回のホームステイでどのように過ごすかが自分の中でのひとつの課題でもありました。ホストはマザーがひとりで、優しくておもしろく、料理が上手な台湾人の方でした。いつも私のことを気にかけてくれ、何かあったら遠慮しないでなんでも相談してと言ってくれました。マザーの優しさに、私もできるだけ迷惑をかけないように気をつけ、また、頼みごとがあれば遠慮しないで伝えるようにしました。隠し事をしないで、お互いに信頼し合うことが大事とマザーが言っていたように、ホームステイをするうえで、自分とホストがお互いのことを考えることがいかに大切か実感しました。

マザーのおかげですてきなホームステイの思い出ができましたし、自分を成長させることができてよかったです。

◆企業研修での研修内容

主に商品のサンプルを詰める研修をしました。同じ作業に初めは辛かったのですが、実際に自分が詰めたサンプルをお客さんに渡す機会があり、そこでお客さんのうれしそうな顔を見て、大事な仕事のひとつなのだと分かりとてもやりがいを感じました。

パソコンで新商品のリフレットを作ったときは、アドバイスをいただきながら構成を考え、数時間かけて作ったので、完成して印刷されたものを見て達成感を感じました。

商品の案内などを送る封筒の準備や、宛名を書くなどの実習もありました。新商品の講習会で日本人のお客さんのサポートをしたことや、台湾人の方の日本語でのプレゼンテーションの準備を手伝ったことなど、とても貴重な経験になりました。

Matsuo4.jpg

また、商品の在庫を管理する倉庫での実習も体験することができました。オーダーの紙を見て商品を探し、それを包装して郵送の準備をするという仕事でした。それらを通して、ひとつひとつの商品が実際にお客さんのもとに届けられるプロセスを見ることができました。

このような色々な研修業務を通して、普段の生活では決してできない多くの経験をさせていただきました。それぞれの作業に意味があって、それがひとつの環になって繋がっているということを実感することができました。

◆週末はどのように過ごしましたか?

週末は、平日あまり会えない友達と会えるので、一日も無駄にしたくないという気持ちで積極的に計画し、ユニバーサルスタジオ、ディズニーランド、ショッピングモール、ビーチなどに行きました。単に行くといっても、自分たちでタクシーを手配しなくてはいけなかったので大変でした。ユニバーサルスタジオへはひとりの友達が、値段、それぞれのステイ先の場所、時間などを考慮しながらアレンジしてくれたおかげでスムーズに行くことができました。

Matsuo2.jpg

ディズニーランドへ行く数日前に研修先の会社の方から、韓国のタクシー会社が安いということを教えていただきました。そして私の代わりに韓国語で手配をしてくださいました。当日は時間通り韓国人のドライバーが来てくださり、無事に、安く行くことができました。親切な方で、次の日のショッピングモールへもお願いし、2日間お世話になりました。ドライバーと、その手配をしてくださった職場の方にとても感謝しています。多少のハプニングもありすべてがスムーズにいったわけではありませんが、いい経験になりました。

この3週間の中で、友達を作ってディズニーランドに行くということをひとつの目標にしていましたが、大好きな友達と期待以上の最高の思い出ができて本当によかったです。

◆1日のスケジュールを教えてください。

7:00 起床

7:30 朝食 

8:00 出発 徒歩とバスで30分くらい

8:30 出社 

12:00 昼食 1時間の休憩

17:30 退社 

19:00 夕食 

21:00 お風呂

24:00 就寝

Matsuo3.jpg

◆プログラム全体を通じて感じたこと

このプログラムに参加する前は、何かいい経験ができるのではという期待しかありませんでした。しかし実際に研修が始まると、自分がいかに甘かったかを思い知らされました。特に私の職場はオフィスに様々な言語が飛び交うようなところで、会話はほとんどが英語だったので、うまく自分の意思を伝えることができず、失敗を怖がらずなんでもチャレンジするという目標はとても難しく感じました。自信をなくしながら、自分はどんな人なのかということを常に考えていました。親切な職場の方々や友達のおかげで、私は私らしくいればいいと気持ちを立て直すことができ、それからは積極的に仕事を見つけられるようになりました。いつも貴重なお話をしてくださり、アドバイスをしてくださった方、厳しいながらも常に私をサポートしてくださった方、いつも優しく話しかけてくださった方、みなさんに感謝しています。

このプログラムを通して、自分はまわりの人に支えられて生きているのだと強く感じました。相談にのってくれ、お互いを高め合える仲間にも出会うことができました。3週間で学んだことを決して忘れず、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。

就職活動を目の前にして、自分の夢をしっかり持ち、「何のために働くのか」について、自分なりの答えを見つけられるように頑張っていきたいと思います。

◆今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

海外研修に参加する理由はそれぞれだと思いますが、自分がなにをしたいのかをしっかり考え、参加をする目的を明確にすることが大事だと思います。受身ではなく、目標をもって行動することでより多くのことを吸収できるはずです。

「自分の人生を生きる、どう生きるかは自分次第」この研修を通して、自分について考え、大切なことをたくさん学ぶことができました。

ページ先頭