教育事業

学生たちの体験記

教育事業

教育事業

大学3年生
澤里 麻利子(さわさと まりこ)さん <参加期間:3週間>

「常に自分から行動を起こし何か変化を作り出すことの大切さも学ぶことができたと思います。」

◆  今回の研修プログラム参加のきっかけは?

もともと海外と日本の繋がりに興味があり、また就職活動をする前に”働く”とはどういうことなのか体験してみたいと思っていました。そんなときに大学でこの海外研修の話を聞いて、良い機会だと思いこのプログラムへの参加を決めました。

◆  バス・徒歩通勤の感想

私は徒歩で通勤していました。ホームステイ先から近いところに研修場所があったので、毎日安心して通 うことができました。また、通勤途中ではジョギングや犬の散歩をしている人と話す機会も多くあり、徒歩通勤は楽しかったです。自分のペースで周りの景色を眺めながら通勤できたのも、アメリカというものを肌で感じるいい機会になりました。

◆  ホームステイ体験の感想

ホームステイ先はホストの方が一人暮らしをしているところでした。初めての海外・ホームステイだったので、最初は緊張しすぎてしまいほとんど話せませんでした。ですが、その間ホストマザーはむやみに話しかけてくることはせず、私の緊張がとけるまで待っていてくれました。そのおかげで、私は無理せず自分のペースで歩み寄ることができ、ホームステイという新しい環境にも早く慣れることができたと思います。

また、ホームステイ先にはホストの方と私の二人だけだったこと、二人とも寝る直前までリビングで寛いでいたことで、英語に触れる機会が多かったことがいい刺激にも繋がりました。

最後にお別れをするときに、”すぐ戻っておいでね!”といってくれたのはすごく嬉しかったです。

ホストマザーが本当に温かい方だったので、ストレスを感じることもなく充実したホームステイ生活を送ることができました。

◆  研修先での実習内容

研修先は幼児教育を行う塾のようなところでした。主な研修内容としては、教材となる絵本の文章の上から漢字変換された文章のシールを貼る作業や、授業の合間に子供たちのお世話をするなどを中心に行いました。

また、先生方の授業の補助や電話の応対、資料作りなども行いました。

研修先は少人数制で、先生方一人ひとりと接する機会が多く、研修をしていてわからないことや気になることはすぐに教えて下さり、実習がしやすい環境でした。

澤里研修.JPG

◆  1日のスケジュールをお教えください。

7:30 起床、シャワー

8:20 朝ご飯

8:40 出勤(徒歩)

9:00 研修開始

17:15 研修終了

17:35 帰宅

19:00 ホストマザー帰宅、夜ご飯

19:30~24:00 リビングでホストマザーと団欒

24:30 就寝

◆  ホームステイ生活、企業研修全体を通して感じたこと

ホームステイでは、とにかく言語の違いが不安でした。しかし、私が心をひらいていれば、相手は言語の違いなど気にせず話しかけてくれて、私の拙い英語も一生懸命理解しようと歩み寄ってくれました。

また言語の違いに限らず、この研修を通して、自分の意見を持ちそれを相手に伝えること、人の意見にも耳を傾けることを忘れなければ、相手とより良い関係を築くことができるのだと実感しました。

常に自分から行動を起こし何か変化を作り出すことの大切さも学ぶことができたと思います。

◆  研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?

初めての海外、初めての企業研修ということもあり、出発前は不安なことばかりでした。しかし実際に研修が始まってみると、働いている先生方が明るく気さくな方達ばかりだったので、どんな実習も積極的に楽しく取り組むことができました。

◆  今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

海外研修に行って後悔することは絶対にありません!色々なことを吸収できて、様々な面で成長することができる絶好の機会だと思います。ぜひ挑戦してみてください。応援しています!

ページ先頭