語学学校

学生たちの体験記

語学学校

語学学校

大学2年生
枡井 雅嗣(ますい まさつぐ)さん <参加期間:3週間>

「肝心なのは今日の自分の足りなかった所を明日埋め合わせるという意気込みだと感じました。」

◆  今回の研修プログラム参加のきっかけは?

大学生の内に人とは違う何か大きな事に挑戦したいという気持ちがあったので参加しました。

海外で働くというものがどういうものかというのを自分の身で実際に経験したく、また日頃

頑張っていた英語の勉強の成果を出せるよいきっかけだと思ったからです。

◆バス・徒歩通勤の感想

 正直最初はかなり不安でしたが、オリエンテーションの時にライトハウスの方々が一人ひとり

 に丁寧にバスの乗り方について説明して下さったので通勤に関してはまったく問題はなかった

 です。ホストファミリーの家からバスで約25分程度の距離でした。

◆企業インターンでの仕事・研修内容

 生徒に授業のアンケートをとったり、学生のテスト結果をまとめてファイリングをしたりしました。

 またプリントのコピーをしたり、学校で扱う教科書の在庫確認や、冊数、値段などをエクセル

 でデータ入力をしたり、教科書の受注発注なども手がけました。エクセルに関しては無知に近い初

 心者でしたが、なんとかタスクをこなすことができました。私はプログラムコーディネーターの

 もとで働いていましたが、全て英語でのやりとりでした。書類をつくりながら日本の文化やアメ

 リカの文化について話すのがとても楽しかったです。

桝井研修.JPG

◆1日のスケジュールを教えてください。

 7時30分     起床

 7時30分~8時 仕度

 8時        朝食

 8時30分     出発

 9時30分~   出社 業務開始

 13時~14時   ランチ

 14時~15時30分 業務終了

 16時30分   帰宅

 19時~   ディナー ホストファミリーと会話

 22時     シャワー

  23時     就寝

◆  ホームステイ生活、企業インターン全体を通じて感じたこと

ホストファミリーはファーザーとマザーの二人。とても親切で私の稚拙な英語に対しても、理解し

ようとしてくれました。休日に教会へ連れて行ってくれたり、BBQパーティーを開いてくれたり、デ

ィズ二ーランドにも連れて行ってくれました。食事もアメリカ特有のファットファットなものではなく、

健康に考慮したヘルシーなものが多かったです。ホームステイ先で心がけたことはとにかく

帰ってきたらすぐに部屋にこもるということを絶対しないということ!自分から積極的に話かけまし

た!こういった姿勢から少なからず英会話能力が上がったようにも思えます。

インターン先の方々もすごく親切で、不自由はなかったです!日本人の社員の方もいらっしゃいまし    た。 語学学校に来る学生は世界中から来ていて、他国の学生と会話したり、友達にもなれました。社員 とは英語でやりとりをすることが多かったですが、このインターンが始まるまでに英語の勉強を必死にしていたので、困ることはなかったです。それが自分にとってかなりの自信に繋がりました。(英語ペラペラとは程遠いですが・・笑)最初はすごく緊張しましたが、1日仕事が終わる度に自分なりに課題を作って明日に繋がるように努力しました。例えば、明日は生徒と出会ったら笑顔でGood morning!って言おうとか、最初はそれ位簡単な目標でしたが、そういった簡単な目標を作って乗り越えていく度に、楽しんで積極的に働いている自分がいました。肝心なのは今日の自分の足りなかった所を明日埋め合わせるという意気込みだ  と感じました。 

桝井ホスト.JPG

◆ 研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?

語学学校には日本人の学生がほとんどいないと思っていましたが、実際はかなり多くの日本人の学生が在籍していたので驚きました。また、職場は日本語をまったく使わない環境と思っていましたが、実際は数名日本人の社員の方もいらっしゃったので時々日本語を話すときもありました。職場が米系で、自分にとって未知の世界だったのでかなり固いイメージをもっていましたが、社員の方はどの方も親切で陽気な方ばかりで多少の失敗に対しても寛容だったので、楽しんで働く事ができました。

 

桝井ビーチ.JPG

◆ 今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

参加する理由は人それぞれだと思いますが、少しでも興味を持ったら参加するべきだとおもいます!僕も具体的な参加理由を持って参加したのではなく、海外で働くということに興味が沸いたという単純な理由からの参加でした。実際、申し込んだもののやっぱり海外インターンシップに行くのをやめよう、自分には無理だろう、と思った時もありました。しかし実際に参加して、海外で働くという環境の中で出来る自分に出会うことができました。してもいないことに対して勝手に出来ないと決めつけて、どれだけ自分の世界と可能性を狭めているのかということを強く感じました。

もしこの海外インターンシップに参加していなかったら、勝手に限界を決めつける昔の僕のままだったと思います。しかし実際参加してこのプログラムを終え、さらに何か新しいことに挑戦していこうという前向きな自分へと変わることができました。もう何も怖くないです!最初から出来る成功すると分かっていることをするより、無理かもしれない、失敗するかもしれないと思っていることをあえてする事に意味があるとこのインターンを通じて強く感じました。自分には絶対無理だと思っている人ほどこのプログラムに参加するべきだと思います!してもいないことを出来ないと決めつけないで下さい!自分の可能性を広げてください!

桝井ユニバ.JPG

ページ先頭