旅行会社

学生たちの体験記

旅行会社

旅行会社

大学3年生
沼生優衣(ぬまお ゆうい)さん <参加期間:2週間>

「海外で過ごすにはほんの少しの勇気が大切です。自分から一歩踏み出せば、いつもの自分とは違った自分が見つかるはずです!!」

◆   今回の研修プログラム参加のきっかけは?

就職活動をする前に、インターンに参加し、今の自分が一歩社会に出たら、何ができるのか、今の自分に足りないものは何かなどを知りたかったからです。

それにインターンをするなら、他の人ができないようなところでやりたいと思っていたところ、この研修プログラムを見つけました。また日本を離れた全く別の環境に自分を置くことで、本当の自分の力を最大限に引き出せると思ったので、自分が前から行きたいと思っていた「ロサンゼルス」で研修をすることに決めました。

◆   バス・徒歩通勤の感想

「アメリカは日本と違って怖い」というイメージを持っていたし、言葉の壁もあるし、初めて来たところなので何も全く分からないので、初めの頃は本当に緊張しました。でもアメリカのバスは、日本と同じように「アナウンス」があり、自分の降りるところを間違えることはなかったので本当に安心しました。でもボタンを押すタイミングがよく分からなくて、いつもドキドキしていました。バスに通勤ラッシュでたくさんの人が乗っていて、英語での会話が飛び交っていて、さらに緊張~!!それに私の顔や服装などを見るとアメリカ人ではないと分かるので、いつもじろじろ見られてました。でも中には、話しかけてくれるおばさんや目が合うとにこっと笑ってくれる人もいて、そんな小さなことが不安だった私の支えになりました。私がバスでお金の払い方がうまくできたときに、バスの運転手さんが「You are excellent!!」と言ってくれたことが本当に嬉しくて、日本で言われても嬉しく思わないことも海外では何十倍も、いや何百倍も嬉しく思ってしまうことが分かりました。私はバス停から会社まで少し歩いて通勤したのですが、初日はバス停からどっちの方向に行ったらいいのか分かりませんでした。でも近くにいた人に聞いたところ優しく教えてくれたので、その方向に歩いていき、後は地図を片手に少し不安になりながらも会社に到着することができました。

徒歩通勤は、日本とは違う書き方の道の名前の標識のことを知っていることが大切だと思いました。日本と同じだと思い込んでいたら、絶対に迷ってしまうので、知っていて良かったと思います。

最初は通勤に緊張していた私ですが、慣れてくると、いつもとは違った道を通って近道を見つけたり、また写真を撮りながら会社に向かったり…と通勤時間も楽しめるようになりました。

でもあまり遅い時間に歩くのは危険なので、遅くならないようにいつも気をつけて帰宅していました。

この通勤での体験は友達がいたら絶対に友達に頼ってしまうし、一人だったからこんなに頑張れたんだと思います。

 

numao3.JPG

(※アナハイム球場にて撮影)

◆   ホームステイ体験の感想

1番緊張していたホームステイでしたが、すごく優しいファミリーで幸せな2週間を過ごすことができました。初日は一緒にバスに乗って、家から会社までの道を教えてくれて、その後はダウンタウンで一緒に食事をしたり、ショッピングもしました。ママの友達の誕生日会やグリフィス天文台にも連れて行ってくれました。最初の2日間は、ホストファミリーと一緒に過ごせて本当に楽しかったです。毎朝、朝食を作ってくれました。いつも私を気にかけてくれて「もっと食べていいよ」と声をかけてくれる優しい家族でした。食事のときもいつもたくさん話しかけてくれたり、アメリカ料理の話やテレビ番組やアメリカの観光地の話をしてくれました。また、食後のデザートやお菓子もいつも出してくれました。後はテレビやDVDを一緒に見たりと本当の娘のように可愛がってくれて嬉しかったし、「言葉の壁」なんて気にならないほど居心地が良い家でした。ホストファミリーとの相性を気にしていましたが、予想以上に充実した生活ができたのでこんな素敵なホストファミリーに出会えて良かったなと思います。

numao1.JPG

◆   企業インターンでの仕事・研修内容

企業先での仕事は、会社の方たちの手伝いや書類のファイリング、シュレッタ―などをやりました。またガイドさんや他社に書類を届けたりしました。

一番緊張したのは、レストランの予約でした。英語で電話なんてしたことなかったし、電話だとジェスチャーが使えないので分からなかったらどうしようと不安でした。でも会社の方が確認したところ、予約がきちんとできていたので安心しました。後は、空港でお客様のお迎えもやらせていただきました。それにツアーに参加して、自分がお客様の立場になってみて、そのツアーの見どころや感想をレポートに書いたりもしました。

そのレポートが評価され、会社のブログに載せていただきました。自分が認められたって感じがして、本当に嬉しかったです。最終日には、頼まれていたチャイニーズシアターのマップを頑張って作ったところ、会社で使われることになりました。私がその会社にいた記録ができて本当に良かったです。

何より、会社の方にいろいろ評価していただき、この会社でインターンができたことや、自分なりに精一杯頑張って良かったと思いました。

◆   1日のスケジュールをお教えください。

7:00  起床

7:50  バス通勤 途中下車し、徒歩で会社へ

8:50  出社

9:00  仕事(日によって仕事の内容は様々)

12:00 昼食

13:00 仕事(日によって仕事の内容は様々)

17:00 歩いてバス停まで

19:00 ホストファミリーと夕食

20:00 テレビ観賞やシャワー、明日の準備など

23:00 就寝

◆  ホームステイ生活、企業インターン全体を通して感じたこと

私のロサンゼルスでの2週間を一言でいうと「幸せ」でしかありません。ホームステイ先では、自分の好きなように自由にさせてくれたし、何より私のことを気にかけてたくさん話しかけてくれたり、家族の一員として受け入れてくれたことが本当に嬉しかったです。私は以前にもホームステイ生活を経験したことがあるのですが、そのときよりもさらに良い経験ができたと思います。何よりもホストファミリーからの愛情は、「言葉の壁」なんて関係ないと思わせてくれたし、私の不安を払ってくれました。

インターン先のみなさまも優しくて、忙しいときも気を遣ってくれたので、自然と私からも話しかけやすい環境が作られていました。

いろいろなことに不安を持っていましたが、実際に体験してみると、不安なんてすぐになくなってもっといろいろなことに挑戦したい!と思っている私がいました。それに今まではやってもいないのにできないと決めつけてやらないことが多かったのですが、与えられた仕事はどんなことでもやらなくてはならないので、全て行った結果、私ってこんなこともできるんだ!と新しい自分を見つけることができました。また、今までは失敗することを恐れていた私でしたが、いつからか失敗したっていいからやってみよう!と思ってさまざまなことに挑戦する私がいました。自分で自分の変化に気付けたし、それに自分の力に限界なんてないことが分かりました。さらに、どんなに小さな仕事でも1つ1つが大切な仕事で、協力して仕事をする大切さも学ぶことができました。自分と向き合うことができ、またこんなに素晴らしい経験ができるとは思っていなかったので参加して本当に良かったと思います。今回のこの経験を無駄にしないように、今後新たな自分をたくさん見つけていきたいと思いました。また、何か挫けそうなことがあったらこの経験を思い出して日々一歩前進していきたいと思います。

最後にこんなに良い経験をさせていただき本当にありがとうございました。

numao4.JPG

◆   研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?

研修に期待もありましたが、研修前はとにかく不安でいっぱいでした。人見知りだし、何でもすぐ緊張するし…こんな私が研修を最後までやり遂げることができるのかな?と考えてばかりいました。

でも予想以上に良い経験ができたと思います。本当にこんなに毎日が充実してるなんて思ったことは初めてでした。

◆   今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

まず初めに「一人で参加するなんて…」と躊躇しないでください。一人だからこそ、自分と向き合えて、自分の力が発揮できたり、勇気を持って一歩前進できることもあるんですよ。私は今回の経験でそれを実感しました。

英語に自信がなくても辞書で単語を調べたり、ジェスチャーしたり、紙に書いたり、文法なんてできなくていいから自分の知っている単語を使って話せば、なんとか伝わるから大丈夫です。海外で過ごすにはほんの少しの勇気が大切です。自分から一歩踏み出せば、いつもの自分とは違った自分が見つかるはずです!! 後は、その国についての少しの知識(気候、交通、お金、日本の生活との違いなど)も大切なので事前のチェックを忘れないでください。企業では、与えられた仕事はこなして、後は自分から仕事を見つけて取り組むことも大切です。分からないことは会社の方が教えてくれるので、不安になることはないと思います。せっかく海外研修に参加するなら、全て楽しまないとっ!!(笑) あなたの一歩がその後の生活に素晴らしい何かを与えてくれると思いますよ。そして、充実した研修生活を送ってください。自分自身が作ってしまった殻に閉じこもってばかりいないで、その殻から飛び出して新たな自分と共に楽しい研修を体験してください。最後まで頑張ってくださいね。

 
 

numao2.JPG

ページ先頭