アパレル企業

学生たちの体験記

アパレル企業

アパレル企業

大学3年生
村岡碧依(むらおか あおい)さん <参加期間:3週間>

「少しでも興味があるならとりあえずやってみたらいいと思います。」

◆今回の研修プログラム参加のきっかけは?

ホームステイがしたい。海外に行きたい。正直これがほとんどです。(笑)

インターンシップも経験できるし丁度いいなーというすごく軽いノリで決めました。

あとは生活環境を変える事で自分を変えたい、自分の新しい面を見つけたいと思ったのが理由です。

 
 
 

Muraoka2.JPG

 

◆バス・徒歩通勤の感想

今まで日本でバスに乗った回数よりも多くバスに乗りました。それくらいバスを使った事がないので最初は不安でした。

不安適中、初日は見慣れない風景と慣れないバスで降り間違え、本当なら30分で帰れる距離を2時間かけて帰りました。(笑)

あの時は帰れるか不安だったれけど今となってはいい思い出ですね。

あとバスはなかなか時間通りに来ない!10分15分遅れるのがざらです。(笑)むしろ時間通りに来た回数の方が少なかったです。ほんとにアメリカはマイペースなんですね。そんなところもまた好きなんですが。

◆ホームステイ体験の感想

最高でした。ほんっっとに最高でした。

かまいすぎる事もなく、でもほったらかしではなく、「もう好きにして~♪」という感じでかなり自由でした。そしてかなりフレンドリーでした。1日目からめちゃくちゃ楽しかったです。

毎日チキンが出てくる事にはさすがにびっくりしましたが(笑)そこまでジャンクフード大好き!っていう家族ではなかったので食生活にもストレスなく過ごす事ができました★ただ、やはり白米は恋しかったですね。

休みの日は家族の趣味である日曜大工を一緒にやったり、買い物につれて行ってもらったり、海に連れて行ってもらったり、、、本当に毎日が充実していました。

お父さんもお母さんもすごく優しくて楽しい人で、7歳の娘がもうかわいくてかわいくて、、、家にいる時は毎日遊んでもらってました(笑)

たった3週間だったんですが、私が日本に帰る時には「またこの家に絶対帰ってきてね」って泣いてくれました。もちろん私も泣きました(笑)

本当にいいお家にホームステイさせて頂けたなーと思います。最高の思いでができました!!ホームステイがアメリカでの一番の思い出ですね。

 
 

Muraoka4.JPG

◆企業インターン先での仕事・研修内容

インターン先はアパレル企業でした。ずっと憧れていたアパレル企業。初めて知る事ばかりでした。華やかに見える仕事の裏側や、こんな事もアパレルの一部?というような仕事内容。本当に勉強になりました。研修内容は服の検品が主でした。他にも服の展示会につれていってもらったり、お客様へのポストカードを作ったり、新しい商品の検索も手伝わせていただきました。

服に触れている毎日は楽しかったです。

◆今回のプログラムを通じて感じた事

やっぱりアメリカはいいところでした。人が優しい、楽しい。それにつきます。

スーパーやコンビニで買い物をするにしてもレジに行けばレジのおばさんが「How are you ?」って聞いてくれます。帰る際には「Have a good day」って言ってくれます。道を歩いていると全く知らない人でも「Hi」ってあいさつしてくれます。本当に素敵だなーって思います。また今すぐにでも行きたいですね。本当に楽しかったです。

 

◆今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

少しでも興味があるならとりあえずやってみたらいいと思います。

深く考えずとりあえずやってみる!軽い気持ちでやってみるのもありだと思います。

絶対何か得られるはずだし、無駄ではないはずです。

実際わたしはそうでした★

 

Muraoka3.JPG

ページ先頭