人材紹介会社

学生たちの体験記

人材紹介会社

人材紹介会社

大学2年生
徳永早恵(とくなが さえ)さん<参加期間:4週間>

「何気ない日々の通勤で心が温まる経験をしました。」

◆  今回の研修プログラム参加のきっかけは?

「ホームステイ」「企業研修」「LA」というコンテンツに一目惚れしました。とても興味を持ったので、このプログラムの話を知り、すぐに応募しました。出発前も、この研修が楽しみで毎日ワクワクしているほどでした。

◆  ホームステイ体験の感想をお聞かせください。

毎晩素敵な夕食を用意していただき、感動しました。思い出に、毎回の食事を写真を撮らせていただいたほどです。食事の後はホストファミリーとリビングでテレビを観てくつろぐことが多かったです。アメリカ滞在中に冬季オリンピックが開催されていたため、ソファに座って一緒に観戦をしていました。お互い疲れていたりすると、テレビを観ながらうたた寝をしたり、まったりとした時間を過ごし楽しむことができました。

 
 
 
 

SaeTokunaga_Host.jpg

◆  バス・徒歩通勤の感想をお聞かせください。

初めてバスを利用したときは、とても緊張しました。そのため、降りる場所を間違えてしまい、焦りました。ですが、1回ミスを経験した後は、二度と間違えずにバスを利用することができました。運転手や他の乗車客に「ここだよ」と教えていただくこともあり、何気ない日々の通勤で心が温まる経験をしました。アメリカ生活の終盤では道にもだいぶ慣れ、研修先のオフィスまでは徒歩で通勤することが多かったです。

◆  企業インターンでの仕事・研修内容

主にPCを使う作業を行いました。日々の業務ではデータ入力が多く、また会社のブログを書かせていただくこともあり、創造力が求められる仕事に一生懸命取り組みました。

 

SaeTokunaga_Office.jpg

◆  企業インターンを通して学んだこと

会社で務めるには、ある程度PCを使いこなせなければいけない、と痛感しました。文字をタイプするにも時間がかかってしまうことがあり、今後の課題としてはPCの操作を上達したいと思いました。また、データは正確に入力しなければいけないため、どんなに単調な作業のように感じても、集中して慎重に行う大切さを学びました。入力ミスをした場合、その後の業務に支障が出てしまうため、気を緩めず取り組むことに心掛けました。

Sae_Marilyn.jpg

◆  1日のスケジュール

7:30 起床

8:30 ホストファミリーと朝食

9:00 家を出る(バス又は徒歩)

10:00 インターン開始

12:30 ランチ(持参)

17:00 退社

18:30 ホストファミリーと夕食

20:00 団欒:スナックを食べながらテレビ観賞。

22:00 自分の部屋で音楽を聴いたり、日記を書いたり、一人の時間を過ごす。

23:00 就寝

◆  ホームステイ生活、企業インターン全体を通して感じたこと

ホームステイ生活は、最初は緊張し、自分の部屋から出るにも勇気がいりました。ですが、日が経つにつれ、同じ空間で過ごし会話をすることに慣れ、最後の方では自分の部屋ではなくファミリールームで過ごすことがほとんどでした。企業先では社会人の姿勢として、オン(ビジネス)とオフ(プライベート)の切り替えが大事であることを学びました。今後社会に出て企業に勤める際には、今回の研修で出会った先輩・上司のような社会人になりたいと思いました。

◆  研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?研修前の「アメリカ」そして「企業インターン」のイメージは、カチッとスーツを着こなし、常に緊張しながら仕事に打ち込むことを想像していました。実際は、とてもアットホームな雰囲気のオフィスで、のびのびと仕事取り組むことができました。

Sae_Beach.jpg

◆  海外研修を目指す学生の皆さんへ

とても貴重な体験ができるはずです。学生時代ならではの良い思い出になります。私個人はこの研修の1ヶ月間はかけがえのない、宝物の1ヶ月になった!と胸を張って言えることができます!

ページ先頭