メーカー企業

学生たちの体験記

メーカー企業

メーカー企業

大学2年生
瀬戸賢一(せと けんいち)さん <参加期間:3週間>

「英語だけができれば社会で活躍できるというわけではなく、英語をどう生かすかが重要になるということを学びました。」

◆参加のきっかけ

私が海外インターンシップに参加しようと思った理由は多くあります。私はもともと英語が好きで、将来的には海外に事業展開をしている会社で働きたいという夢があるので、海外インターンシップは私にとって非常に貴重な体験となると思いました。また、大学生の間にできることは、できる限り様々なことに挑戦し、自分を成長させたいという気持ちがあり、海外インターンシップに参加してアルバイトとは違った企業で働くという社会の厳しさを学びたいと思ったので、海外インターンシップに参加しようと考えました。

◆今までインターンシップの経験はありますか?

大学2年生の冬休みに国内企業で約2週間のインターンシップをしていました。

◆渡米前にどんな不安がありましたか?

一番不安だったことはアメリカの治安と、会社に少しでも貢献できるように働けるか不安でした。

◆研修先はどのような会社ですか?

研修先の企業は、メーカー企業のIPO(International Procurement Office)で本社が日本の大手メーカー企業です。従業員もとても親切で、信頼関係を非常に大切にしているなという印象を受けました。研修先はメーカーとして生産活動に必要な資材調達、貿易業務、関係会社の調達プロセス改善などのコンサルティング業務を行なっている会社でした。B to Bのビジネスが中心なのでクライアントは企業が中心となり、日本企業やアメリカの企業、中国の企業など多岐にわたります。

Seto_Work.jpg

◆研修内容は?

私にとって忘れられないような、とても充実した研修をすることができました。研修内容は主に、アメリカの企業へPO(PurchaseOrder)の納期を確認するための電話や仕入れをしたい商品を特注できるか電話をし、結果をExcelに入力して社員の方に報告したりしました。その他、市場分析やExcelの入力作業、Invoice等の資料の確認作業、インターネットや雑誌を使ってSupplierを探したりしました。

また、他の会社の社員と、研修先の社員が交渉をしている現場に同行させていただいたり、工場へ行って半導体等が配送先まで無事に送られるか確認をしに行ったりしました。仕事が終わった後には、僕の研修担当の方が以前、面接官をしていた経験があるとの事だったので、就職活動に向けての対策など、貴重なお話を聞かせていただきました。

◆ホームステイはいかがでしたか?

最初はちゃんと上手くやっていけるか不安でしたが、何の問題もなくやっていけました。ホームステイ先の方々とはいろいろなお話などをしたりして、とても楽しかったです。

Seto_Host.jpg 

◆1日のスケジュールを教えてください。

06:00      起床・シャワー

07:00      朝食

07:30      家を出る

07:40      バスに乗る

08:30      出社

12:00頃     昼食

17:00      退社

17:50      帰宅

19:00      夕食

19:00~23:00 自由時間

23:00      就寝

Seto_Samuel.jpg

◆このインターンプログラムに参加してみて学んだ事。

この海外インターンシップに参加して学んだことは非常に多くあります。主に、私の研修先ははB to CのビジネスではなくB to Bのビジネスが中心だったので、B to Bのビジネスを知る上で非常に貴重な体験となりました。私は今まで企業へ英語で電話をしたりしたことは、今までしたことがなく一番緊張したが、企業への電話では親切に対応してくれる方や、厳しい方もいて、さっそく社会の厳しさを知ることになりました。

さらに、英語は海外の人々とのコミュニケーションをする上で非常に重要になるが、英語だけができれば社会で活躍できるというわけではなく、英語をどう生かすかが重要になるということを学びました。英語は読めたり聞き取れたりしても、話すことができなければ意味がないと感じました。英語以外にも一つ一つの仕事をちゃんと責任を持って働くことの大切さや社員間との信頼関係などがなければ仕事は上手くいかないと感じました。

また、私は自分を成長させたいという気持ちがあって海外インターンシップに参加しましたが、社会に対し自分の今まで考えていたことが非常に甘かったということも実感しました。インターンシップに参加していなければ、甘い考え方のまま大学3年生になっていたかもしれないと思います。 

◆海外インターンシップを終えて今後、やってみたいこと。

自分の今後の将来について真剣について真剣に考えてみたいと思います。私は海外に事業展開をしている会社で働きたいという夢が昔からありましたが、何故、海外に事業展開している会社で働きたいのか具体的に決まっていませんでした。しかし、このインターンシップの経験をしたおかげで何故、海外に事業展開をしている会社で働きたいのかを知ることができました。

また、今まで自分は苦労をして生活をしたことがなかったので、大学生の間に発展途上国でボランティア活動をして、日本での生活では体験できないようなことをしていきたいなと思います。今度は自分の成長のためではなく、発展途上国の人々に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

Seto_Hollywood.jpg

 

◆ひとこと

これから海外インターンシップに参加するか迷ったら、参加するべきだと思います。文化の違いなどから参加して学べることは多く、参加して損することはないと思います。目的をもって海外インターンシップに参加すれば間違いなく良い経験となるでしょう。

ページ先頭