教育・旅行企画企業

学生たちの体験記

教育・旅行企画企業

教育・旅行企画企業

大学2年生
川口英之(かわぐち ひでゆき)さん <参加期間:7週間>

「仕事が大変なのは当たり前ですが、その自分の任された仕事を責任を持って最後まで終わらせるということが大切だと思います。」

◆  今回の研修プログラム参加のきっかけは?

就職活動が間近に迫った今、まだ体験したことのない『働く』という体験をしてみたいと思ったのです。また、長いこの春休みを利用して英語圏のアメリカという国で生活すれば、英語も一緒に上達させることができると思ったのです。

 

◆  企業インターンでの仕事・研修内容

大学生に向けた海外インターンプログラム、海外研修などを企画・コーディネートしている教育事業部という部署につき、お手伝いをさせてもらいました。主な仕事としては、「海外研修」という形で日本の大学から受け入れている学生のための資料の作成、企業訪問の同行、写真撮影などです。また学生が到着した初日のオリエンテーションのお手伝いもしました。また、美容専門学校の研修の際には、ステージメイクのモデルになり、研修に参加しました。ファンタジーといい、現実にはないようなものを作り出すというメイクだそうです。

Hideki2.jpg

◆  企業インターンを通して学んだこと

インターンの中で一番実感したのは「責任」ということです。日本では大学の課題をやらなかったら困るのは自分自身ですが、仕事は違います。自分の任された仕事を責任を持ってやらなければ、困るのは自分だけでなく同じ部署の方々、同じ会社の方々、何より会社がまわっていかないということです。仕事が大変なのは当たり前ですが、その自分の任された仕事を責任を持って最後まで終わらせるということが大切だと思います。また、研修第一週に時差ぼけがなかなかとれず、寝坊してしまい遅刻してしまったことがありました。その際、何も連絡をいれずに出社してしまい、怒られました。遅刻すると分かった時点で、その理由と、出社予定時間を電話などで連絡しなければならないということを言われました。そのとき、仕事だけでなく、出社時間や集合時間など時間厳守にも心がけないといけないということを学びました。 

◆  通勤の感想

通勤はホストファミリーが自転車を貸してくれたので、その自転車を使いました。通勤時間は約20分でそんなに遠くもなく良かったです。バスは2回ほど乗りましたが、乗り方がいまいちよく分からず、大変でした。

Hideki1.jpg

◆  1日のスケジュールをお教えください。 

7:30 起床

7:45 朝食&身支度

8:20 自転車で通勤

9:00 出社

12:30 昼食

17:00 退社

17:30 帰宅

18:00 夕飯

19:00~23:00 自由時間 (時々ホストファミリーと団欒)

23:30 就寝

◆  ホームステイ生活、企業インターン全体を通して感じたこと

今回、アメリカに来るのは2回目なのですが、前回の語学留学とは違った経験が出来ました。やはり、仕事は大変なんだということを実感しました。最初はオフィスで働くなんて初めての体験で、緊張もあり、何をすればいいか分からず戸惑うことばかりでした。しかしオフィスの方々は優しい人ばかりでいろいろと手助けとしていただきました。時間が経つにつれ、仕事にも環境にも慣れていき、楽な気持ちで仕事をすることができるようになりました。ホームステイではお父さんが日系の方で日本語の上手さに驚きました。基本的に会話は英語でしたが、ちょっと詰まったときには日本語で助けてくれました。

◆  研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?

やはり、ホームステイ生活です。もう少しホストファミリーの方と一緒に過ごす時間がほしかったです。週末、ファミリーとどこかへ行くということもありませんでした。また、アメリカへ来る前にメールでホストファミリーはスポーツをよくすると聞いていたのですが、一度も一緒にスポーツをすることはありませんでした。スポーツは僕も楽しみにしていたので、残念でした。

◆  ホームステイ体験の感想

ホストファミリーの方々はとてもいい人たちでした。いろいろな話も出来て楽しかったです。基本的に自由な感じだったのでとても気楽でした。しかし、滞在期間の後半は夕飯もバラバラになり、少し家族がバラバラすぎたかなと思いました。もう少し家族みんなで過ごす時間があってもよかったと思いました。

Hideki3.jpg

◆  今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

ぜひ、トライしてみてください。日本では得られない知識、出来ない経験というものがたくさんあると思います。今回、僕が実際アメリカで出会った学生で、将来スポーツ関係に進みたい学生や、美容系を専攻している学生などがいました。この学生たちのように英語の上達という理由だけでなく、アメリカに来て学べることは数えきれないほどあるはずです。ですので、どんなことを勉強している学生さんでも、海外でいろんなことを経験する中で視野が広がってくるでしょう。皆さん、恐れずにトライしてみてはどうでしょうか。

 

ページ先頭