旅行会社

学生たちの体験記

旅行会社

旅行会社

大学3年生 
吉田 秀実(よしだ ひでみ)さん <参加期間:4週間>  

「研修中、期待通りの生活の一方、思いもよらない良いこと悪いことがたくさんあります。その中で、どうやってこの研修を過ごすかは自分次第です。」

参加のきっかけ

このインターンシップの前に、ボストンにて大学の海外研修に参加していました。帰国後、もう一度アメリカに行きたい!、何か海外研修で得たものを次に活かしたい!という思いから、夏季休暇を利用して参加できるこのプログラムに出会いました。また、’学ぶ’という立場から’働く’という新しい挑戦に魅力を感じました。

今までインターンシップの経験はありますか?

ありません。

渡米前にどんな不安がありましたか?

やはり、なんといっても治安です。家族に納得してもらうためにも一番はある程度’危険ではない’ということです。

 
 

Icecream.jpg研修先はどのような会社ですか?

日本の専門学校の海外研修を企画・運営する、旅行に関連した会社でした。

研修はいかがでしたか?

とても充実した研修でした。第一に、オフィスワークを体験しました。当初は何をどのようにしていいのか分からず、とまどいましたが、上司の方々が優しく教えてくださいました。主な業務内容は、ショーのタイムスケジュール、ショッピング・ホテル情報などあるツアーの資料作成でした。また、勤務中には’自分の目で見て学べ’という上司の方の考えのもと、様々な所に連れて行っていただきました。普段のミーティングへの出席や、観光地・研修先の視察など。いろいろなことに挑戦させていただけて、光栄に思っています。

第二に、私の研修期間中に、専門学校の団体旅行が入っており、その団体旅行の到着前~帰国までの仕事を体験することができました。到着前には資料を揃え、前日にホテルにて研修もさせていただきました。到着後はスタッフとして6泊7日でホテルに宿泊し、お客様と行動を共にしました。ツアー中は添乗員としての同行や、夜の点呼、学生の方が困ったことがあればホテルの方と交渉したりしました。初めは緊張したのですが、研修中、年齢も近いということもあり、仲良くなりました。最後にはお客様の方々と離れるのが寂しい気持ちになりました。

最後に同時期にこのインターンに参加している子とお互い励まし合い、楽しみながら仕事をすることができました。私にとって初めての同僚です。チームワークの大切さを学びました。2人の同僚には感謝しています。

Hidemi_Baseball.jpgインターンシップを通して感じた事は?

職場でもホームステイ先でも、色々な人と接する事ができてよかったと思います。人の温かさや絆の大切さを感じました。仕事においてもプライベートにおいても同じです。国境や世代を越えて、先入観にとらわれず向き合って話すことで本当の交流ができるのだと実感しました。そして、さらにアメリカが好きになりました。

 辛いと感じたことはありましたか?

正直、ありました。週末、ホストファミリーはパーティーをする事が多く、大勢の親戚ばかりの所に置かれると何をどの様に話していいのか分からなくなり、黙ってしまうことがありました。ホストファミリーに申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。

ホームステイはいかがでしたか?

パパがイタリア人でママがアメリカ人の家庭だったので、両方の文化が

学べてよかったです。お子さんは3人いて毎日一緒に遊んでいました。私がホテルに滞在している間もメールをくれて、I miss youって書いてあったんです。とても嬉しくて励まされました。

ホームステイを楽しむコツは何だと思いますか?

リビングルームで一緒にテレビを見たり、料理を習ったり・・・。自分からファミリーと共有する時間を持とうとすることだと思います。

Hidemi_Host.JPG1日のスケジュールを教えてください。

7:30   起床。身支度。ママの出勤時刻に合わせてなるべく顔を合わせるようにしていました。

9:30   家を出る。ホストファミリーに借りた自転車で勤務先へ。

10:00   お仕事開始

12:00頃  ランチ

17:00    お仕事終了

18:00頃  家で夕食。その後、2~3時間はホストファミリーと団欒。コーヒーを飲みながら喋っていると気がつくと23時でした。時には、天体観測や買い物に出かけたりもしました。

23:00   自分の部屋に戻り、一日のまとめ、翌日の仕事準備、就寝

ひとこと

研修中、期待通りの生活の一方、思いもよらない良いこと悪いことがたくさんあります。その中で、どうやってこの研修を過ごすかは自分次第です。失敗を恐れないで積極的な素直な気持ちでこのインターンシップに参加してほしいなと思います。最後には参加してよかったと感じてほしいです。

ページ先頭