航空業界

学生たちの体験記

航空業界

航空業界

専門学校2年生
和田郁未(わだ いくみ)さん<参加期間4週間>

どんなに不安でも、是非飛び込んでいくことをお勧めします。

◆参加したきっかけは?

学校でこのプログラムの募集を見て、先生にも勧められたことから初めて興味を持ちました。私は現在エアライン科で勉強していて将来キャビンアテンダントを目指しているので、その分野でのインターンシップを希望していました。また、海外で働くことへの興味もあったので、これはチャンスだと思いました。また、日本でのインターンシップとは異なり、海外ということでホームステイを通して英語も同時に学ぶことができると思ったので、参加を決めました。

◆参加前に自分の中で目標などはありましたか?

インターン生とはいえ、制服を着せてもらったら責任が伴いますし、まずは周りに迷惑にならないようにベストを尽くしたいと思っていました。とにかく自分に出来ることをしたい、と思っていました。厳しいインターンシップになると思っていましたが、せっかく参加するのだから、周りの環境や社員の方々の様子や空港の様子などもしっかり見学したいと思っていました。

◆研修はいかがでしたか?

日本の空港でインターンシップをした友人から話を聞いていましたが、それ以上に、また自分が思っていた以上に内容が充実していました。基本的には社内定例ミーティング参加、カウンターでのチェックインやゲート業務を毎日行いましたが、その他の仕事も一通り見せていただいたりしました。グランドスタッフとしての業務以外にも、今後のサービスについて話し合う会議への参加、他の業務にあたっている方々のお仕事の見学、普段見ることのできない現場の姿を見たり、オフィスでの仕事を見学する等と、航空業界を学ぶ忘れられない機会となりました。全てが興味深く、貴重な経験をすることができました。最終的には一人でお客様の対応をさせていただき、慣れれば慣れるほどに業務が楽しくなっていき、当初抱いていた不安は杞憂に終わりました。

◆研修で印象に残っていることや大変だったことは何ですか?

大変だったことは、やはり英語力が足りなかったことだと思います。お客様とのコミュニケーションとなると、やはり自分の英語力が足りませんでした。しかし、自分が緊張している時はいっぱいいっぱいになり聞き取ることができなかった英語も、リラックスして集中している時は聞き取ることができ、「Thank you」と声をかけられた時はとても嬉しかったです。前向きな気持ちを持っていれば、相手に必ず伝わる、ということを実感しました。また、現場にいると「研修中」バッジをつけていても話しかけられることが多いので、とにかくいろいろなことに対応できたことは勉強になりました。臨機応変に対応する際の英語もいつも勉強する単純な英単語ではなく、その時の状況に合わせて使い分ける必要があるので、とても難しかったです。

JAL.JPG

◆実際にプロとして活躍する方々を見て、いかがでしたか?

お客様に対する接し方が丁寧で、本当に勉強になりました。例えば、機嫌の悪いお客様には和らげるような態度で接し、あせっているお客様にはリラックスさせるような態度で接し、お客様に合わせて接し方を変えていました。また、多くの一般の方々は空港の仕組み、チケットや飛行機についての知識がない分、スタッフである社員の方々の知識は本当に素晴らしく、どんな職業でも常に学び続けることが必要なのだと思いました。私が研修中期間も社員向けの勉強会が開催されていました。

◆ホームステイはいかがでしたか?

高校時代に1年間のホームステイ経験がありますが、今回は自分自身の年齢も違いますし気を遣ったり、緊張もしました。けれど、ホストの方は本当にいい方で、恵まれた環境でした。初めは出来るだけ一緒に時間を過ごすようにしてコミュニケーションをとる努力をしました。イタリア系の人種の方で、お互いにイタリア・アメリカ・日本の文化の違いについて語り合えたのは楽しかったです。

homestay1.JPG

◆週末はどのように過ごしましたか?

ホストファミリーがここから2時間ほどの場所に別荘を持っていたので、週末1泊旅行に行きました。とても楽しかったです。また別の週末は同時期に来た同じ学校の友人と観光地に出かけたり、現地で友達になった人と食事に出かけたりしました。また、私の友人がシアトルに住んでいるので、週末を使って訪ねにも行きました。その際に、実際にお客様として飛行機に乗ったのですが、研修中にそのような体験ができたことも貴重でした。働いている立場を知ってからお客様として乗るのはとても新鮮で見る目も違ったし、とてもよい経験だったと思います。

◆この研修を通して自分自身が変わったと思う点はありますか?

やはり研修期間中ずっと「スタッフの一員」として見られながら仕事をさせて頂いたことが大きかったと思います。研修後半は自信を持って大きな声ではっきりをお客様にお話したり、接することが出来るようになったことが大きな成長だったと思います。けれど同時に新たな課題もできました。英語力の向上です。スコアを上げることができても、実際の会話力はまだまだなので、今後取り組んでいきたいです。

◆このプログラムにこれから参加する方々に一言お願いします

私自身インターンシップは初めてだったし、「航空業界は厳しいだけの世界」というイメージがあったので、とにかく研修前は不安でいっぱいでした。しかし現地に来たら、不安を抱え続けるよりも、「思い切って行動する」ことが大切だと思いました。どんなに不安でも、是非飛び込んでいくことをお勧めします。このプログラムは「自分次第」で変わってくるプログラムです。頑張れば頑張るほど結果がついてくるし、大きな体験をすることができると思います!

homestay2.JPG

ページ先頭