旅行代理店

学生たちの体験記

旅行代理店

旅行代理店

大学2年生
伊藤 幸菜(いとう ゆきな)さん <参加期間:3週間>

海外で責任をもって仕事をするという貴重な経験。将来の職業を意識したり目的意識を持って、是非参加してみてください。

◆インターンのきっかけは?

もともと留学したいとは思っていましたが、留学に加えて+α何かしたかったんです。
そんな時友人を通して、このプログラムの説明会に参加し、参加する事を決めました。
行くと決めてからはお金を貯めるのに必死で、バイトを掛け持ちし週に4,5日は働いてがんばりました。

◆来る前の不安はありましたか?

ホームステイは初めての経験だったし、海外の長期滞在は始めてだったので、とっても不安でした。
また言葉が通じるかどうかも不安でしたが、”何とかなる!”の思いで飛び込んできました。

治安に関しては両親の方が心配してました。
私自身もアメリカは銃が持てる社会という事で心配ではありましたが、でも危ない所でいうと日本も同じなので、治安面はそんなに心配はありませんでした。

◆インターン企業での研修内容は?

大学を卒業したら絶対旅行業に就職したい!とまでは決めかねてたのですが、このプログラムを通して、予約や発券など旅行業の仕事を体験したいと思ってたんです。
それで今回は旅行代理店で研修をさせていただいたのですが、私の担当してくれていた方が経理部署の方だったので、その方について事務・経理を教わりました。
体験したい仕事が対面的な仕事だっただけに、そもそもやりたい事とは違うなと思ってたんです。
そんな時、その担当者の方が、”こういう仕事は地味な仕事だけど、これを誰かがやらなくては会社が成り立たないんだよ”と話してくれたんです。
それに私も納得し、自分の思いと、その言葉を自分の中で噛み砕いて一生懸命研修に励み、楽しい研修生活を送る事ができました。

研修後半は経理の仕事だけでなく、社長自ら予約システムの説明や、予約の仕方を教えてくれました。
また、●●空港から●●ホテルまで、一番行きやすくわかりやすい方法を調べる、という仕事を頂いたんです。
このリサーチを通して、商品作りや企画というのは、相手の立場に立たないといけないので難しい事だけど、やりがいがあるなあと感じました。
そして今後の将来のビジョンとして、私は人が好きなので、添乗員などの仕事をしながら、企画に携わった仕事は面白そうだな、と思えてきました。

この会社は社員7名の会社だったので、ここにいながらすべてのポジションや仕組みを見ることができました。
その為、自分がどういう仕事がしたいか、というビジョンが見えてきた気がします。

ito2.JPG

◆ホストファミリーは?

ホストファミリーはとってもいい人でした。
ホストマザーが優しい人で、私が何か言いたそうにしてると声をかけてくれたり、色々と気にかけてくれたりと、とってもいいホストでした。

ある日、ホストファミリーがディズニーランドの年間パスがあるという事で、私と私の友達を、ディズニーランドに連れて行ってくれたのです。
そこでハプニングが!ホストマザーが、「帰りたくなったら携帯に電話してね」と言ってくれて、ホストファミリーとはディズニーランド内で別れたんです。
夕方6時頃、そろそろ帰ろうかと話し、ホストから聞き取った携帯電話に電話をしたら、なんと電話番号が不通だったんです。(後から確認した所、一桁番号が違ってたんです。私のリスニングのスキルで。。。)
その後は8時頃までディズニーランドいて、そろそろ帰宅しようと、3人でタクシーに乗り込み私の家に向かいました。
家に着いたのは夜の9時頃。すると、ハプニング第二弾。私は今日に限って家の鍵を持ってなかったんです。それで、歩いて5分くらいの所にある1人の家に、3人でぞろぞろ歩いて行きました。
家の電話番号は持っていたので、そこから家に電話しても一向に出ず。何度も何度も電話をしてやっと10:10時頃にホストが電話に出たんです。ずっとディズニーランドで待っててくれたとの事でした。その後も10時半頃に私が待機してた家まで迎えに来てくれたのです。
私は電話番号を間違えてたあげく、先に帰ってくることになってしまって、絶対怒られると思ったんですけど、ホストファミリーは「無事でよかった、心配しただけよ。」と言ってくれて、Hugしてくれたんです。

ホストファミリーは、私が21歳(アメリカでの成人)になったらまたおいで、カジノに連れて行ってあげるよ!と言ってくれました。本当に人に恵まれたなあ、と思いました。

ito3.JPG

◆一日のスケジュール

7:30  起床、身支度、朝食
9:30  自転車で家を出る。日本とは違いアメリカの自転車はマウンテンバイクなのでちょっと大変!
10:00 出勤
10:00 ~ 12:00 仕事。PCでお客様情報入力など。
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 17:00 経理アシスタント、郵便物の発送、銀行への同行、リサーチ、旅券予約システムを習う、など。
17:00 自転車で会社を出る。
17:30 帰宅
18:00 ~ ホストファミリーと夕食。子供が宿題をしている題材で私もそれを見ながら勉強。
21:00 ~ シャワー、テレビ鑑賞、明日の準備、日記をつける。この体験を覚えておきたいので日記をつける事にしました。
23:00 就寝

ito4.JPG

◆ひとこと

初めは海外でインターンできるのは珍しいし、これを履歴書に書けると思って申し込んだのですが、今回ここに来てみて、それだけではない事に気づきました。
想像と現実が違ってもそれが勉強。
これはバイトではくきちんと責任のある仕事。海外で責任をもって仕事をするという事で、日本と違った部分も見れるので、いい経験ではないでしょうか。
皆さんも将来の職業を意識したり目的意識を持って、是非参加してみてください。

ito5.JPG

ページ先頭