情報

学生たちの体験記

情報

情報

大学3年生
安藤友紀(あんどう ゆき)さん <参加期間4週間>

新しいことをトライするのに恐れがなくなりました。

◆参加したきっかけは?

「大学生活の中で何かをやり遂げたい」を思っていた時に、このプログラムのことを知りました。プログラムに参加した先輩方の話を説明会で聞くことができ、彼らが本当にキラキラしていて、「私もあのようになりたい」と強く思い、是非このプログラムに参加したいと思いました。

◆来る前に期待していたことは何でしたか?

異国の地での研修・生活なので、吸収できることは沢山あると思いました。とにかく自分からいろいろな事に挑戦して、少しでも多くのことを吸収したいと思っていました。

◆インターンシップの業界はどのように選びましたか?

私はJ-goodsという雑誌出版社でのインターンシップに参加させて頂いたのですが、実を言うと、広告や雑誌業界には特に興味があったわけではありませんでした。しかし、だからこそ挑戦したいと思いました。このプログラムを通して、「知る」ということを体験したかったからです。目を向けてなかった業界だからこそ、挑戦できる事・吸収できる事が沢山あると思いました。結果的に、とてもよかったと思っています。

◆どんな事を体験しましたか?

雑誌出版社ということなので、業務のほとんどはオフィス勤務で編集作業や取材が多いのかと思っていました。しかし実際は、クライアントの方々への営業の同行や雑誌の配布や整理など、外回りやミーティングに参加させて頂くことが多く、本当に多くの体験をすることができました。まさに「新たな発見」でした。

◆1日のスケジュールを教えてください。

8:00AM   出発・バス乗車

9:00AM   研修開始

6:00PM   研修終了

6:30PM   夕食

夕食後~9:00PM  ホストファミリーと団欒・子供と遊ぶ

9:00PM~10:00PM  風呂 他

10:30PM~  就寝

◆研修で大変だったこはありましたか?

英語でクライエントの方々に電話をかけ、質問をする業務がありました。トライしましたが、初めはやはり電話で相手の英語を理解することができなかったり、上手に質問ができずに切られてしまうことがありました。しかし、上司の方が2回目もトライさせてくれて、再度挑戦することができました。頂いたアドバイス通りに頑張ったところ、2度目はスムーズに電話で会話することができました。これは研修中に自分自身が得た最大の収穫と言っても過言ではないほどの体験でした。その後も別の業務で電話をすることがありましたが、以前の失敗を活かして「大丈夫。やってみよう。」とやる気を持って取り組むことができました。アメリカ現地の大学に通っているインターン生が私と同時期にいたのですが、その方からも「自信を持ってトライすることが大切」と言って頂き、頑張ることができました。

Ando 1.JPG

◆印象に残っている体験は?

面白かった体験としては、テレビ撮影に同行したことです。まだ始まっていない番組だったので、30秒間の番組宣伝を担当させて頂きました。また、新番組についてのミーティングにも同行させて頂きました。日本では決して体験できることではなかったので、とても貴重だったと思います。また、ロサンゼルスの有名大学内のサークルでプレゼンテーションをすることになり、準備にも携わりました。結局当日に時間がなくなってしまい、プレゼンテーションをすることはできなかったのですが、準備に携わったことは貴重な経験になりました。

◆ホームステイはいかがでしたか?

初めてのホームステイだったので不安なことは沢山ありましたが、とても良い方たちで本当に楽しかったです。食事も美味しかったですし、フィリピン系の家族だったので毎日ご飯が出たのが嬉しかったです。私が肉類が苦手なことも配慮してくれました。初めはどのようにコミュニケーションを取ったらよいのか分からず、正直「自分はここにいてもいいのかな?」と思うことがあり、部屋にいることが多かったです。しかし子供達が話しかけてくれ、子供達と少しずつ仲良くなったことで、家族に馴染めたと思います。休日にはモールに連れて行ってくれたり、帰りが遅くなった時も優しく対応して頂けました。

Ando 2.JPG

◆自分自身がこのプログラムを通して変わったところはありましたか?

初めから「何にでも挑戦しよう」という気持ちはありましたが、研修を通して、それを恐れずにすることができるようになりました。電話に関してでも最初は「自分には出来ない」と思ったけれど、上司の方から、「何でもトライするんでしょう?」と励まして頂き挑戦した経験から、新しいことをトライすることに恐れがなくなったと思います。また、「異国の地」「アメリカ」というだけで、怖いイメージがありましたが、現地の方々はとてもフレンドリーで良い国だな、と思うようになりました。また、逆に日本を離れてみて日本の良さも発見することができました。

◆この体験を今後どのように活かしたいですか?

今回今まで目を向けていなかった業界で沢山の発見があったので、これからも視野を広げていきたいと思います。私の大学の英語・英米文学科の多くの学生がホテル業界や旅行業界を目指しているけれど、研修先の上司の方にも「業界を絞りすぎてはもったいない」という言葉を頂いたので、今後は視野を広げて就職活動に臨みたいです。

また、このプログラムに参加する前は、就職活動に対してマイナスのイメージを持っていましたが、「自分のやったことが認められるチャンスなんだから」と言われ、マイナスからプラスのイメージに変わりました。今後頑張っていきたいです。

今までアルバイトの経験はありましたが、このプログラムで社会を体験してから、挨拶の仕方やお茶の出し方など、まだまだ勉強することが沢山あることを発見できました。

◆今後参加する方たちへ一言お願いします

是非何にでもトライしてみてください。自分から「出来ない」と決め付けてしまうと、トライするチャンス自体をなくしてしまうことになってしまいます。やってみなくては分からないことが沢山あると思うので、トライすることが自分のため、と思って是非頑張ってください。

Ando 3.JPG

ページ先頭