ライトハウスキャリアエンカレッジ

学生たちの体験記

ライトハウスキャリアエンカレッジ

ライトハウスキャリアエンカレッジ

大学2年生
橋爪悠佑(はしづめ ゆうすけ)さん <参加期間2週間>

「知識もスキルも、人間としてバランスの取れた人間になりたいという意欲を持つようになりました。」

◆参加したきっかけは?

私の大学でライトハウスの込山社長が講演してくださり、その講演を聞いてライトハウスで働く体験をしたいと思いました。

◆来る前に不安や期待はありましたか?

研修中の生活については、どうにかなるだろうと思っていました。英語での会話に困っても紙に書いたりしてコミュニケーションを取ろうと思っていました。しかし、研修先での仕事というと自分の能力がどれほどなのか?どのくらい出来るのか?それらが不安でした。この研修に参加することを決めてから、仕事する上でPCスキルは不可欠だろう、と思い資格を取るために学校へ通いました。この研修の為に、4月の試験を3月に変更してもらい、無事に資格取得することが出来ました。将来就職活動の時期になれば小論文の作り方などの本を買う予定だったので、この機会に購入し勉強できたのも良かったと思います。

◆実際に到着してからはいかがでしたか?

研修初日と2日目が1番きつかったです。私は人見知りする傾向があり、初めて会った方々と親しくなるまで時間がかかるので、最初が1番大変でした。すでにインターンシップをしていた他校の学生に色々と教えてもらい、ムードを作ってもらえたので少し楽になったと思います。仕事では、学校で得たスキルが必要だったので、学んだことを活かすことが出来ました。文章を作ったり、リサーチ結果をまとめた結果、上司の方に褒めていただいたのが嬉しかったです。

Y. Hashizume-2.JPG 

◆研修内容はいかがでしたか?

1番嬉しかったのが、問題発生した出来事の経過をレポートにまとめた際に同僚や上司の方に褒めて頂いたことです。学校やバイト先では味わうことの出来ない達成感でした。その後、ウェブサイトでリサーチ後、米系企業の事業内容を日本語でまとめる仕事があったのですが、まずどのように情報収集するのか?数あるウェブサイトからどれを選べばよいのか?それらを選ぶこと自体が業務だったので誰にも聞くことが出来ず、自分で判断するのに苦戦しました。しかし、収集した情報を分かりやすくまとめる作業では、文章作成やPCスキルを活かすことが出来たので良かったです。きちんと準備をしないままでこの研修に参加していたら、、、と考えると恐ろしいほどです(笑)

◆1日のスケジュールを教えてください。

6:00AM頃  起床・身支度
7:00AM  朝食
7:55AM  出発
8:40AM  出社
12:30PM  昼食(研修先の方々と)
5:00PM  終了・ショッピングモールやコーヒーショップに寄り道をして帰宅
7:00PM  夕食・団欒
9:30PM頃 就寝

◆ホームステイはいかがでしたか?

ホスト先の3人の子供の1人が、私が帰宅するとクッキーと手紙を用意してくれていて、とても嬉しかったです。初めのうちはなかなか慣れなかったですが、数日経ったくらいから一緒にTVを見たり、ポケモンで遊んだりして仲良くなっていきました。ホストファーザーとは、政治や地球温暖化について話しました。とても政治に詳しい方で、今のオバマ政権についてや他の政治家についてはっきりを自分の意見を持っていることに驚きました。日本ではオバマ大統領のスピーチが本になってメディアで騒がれると、すぐにその波に便乗する風潮がありますが、アメリカでは個人がもっと真剣に政治や地球に対して考え、個々の意見を持っていました。日本人と異なる価値観に触れることができて学ぶことが多くありました。同時に、私自身の知識の非凡さに気づく瞬間でもありました。まだまだ知らないことが沢山あるので勉強していきたいです。ホストマザーは家族のムードメイカーで接しやすかったです。ホームステイ体験を通して、生活習慣の違いも肌で感じました。リビングの真横にバスルームがあるので入りにくいし(笑)、バスルームのカーテンの使い方が分からず床を水浸しにしてしまう事件もありました(笑)。

◆週末はどのように過ごしましたか?

近くのショッピングモールに友人と行ったり、別の日には研修先の方がハリウッドへ買い物に連れて行ってくれてとても良い体験ができました。

Y. Hashizume-3.JPG 

◆研修を通してどのように成長したと思いますか?

この研修に参加するまで、世の中が資格やTOEICスコアで人を判断する事にかなり影響されていたと思います。しかしこの研修を通して、それだけではない!と思いました。やはりどの環境でも人間関係は大切であり、資格やTOEICは人間関係には関係ないものであることを再認識しました。大学生活の中で資格やTOEICだけ頑張っても、必ず良い結果が待っているとは限らない。知識もスキルも、人間としてバランスの取れた人でなければいけないと思いました。私はついつい1つの事に集中すると他の事が見えなくなってしまう傾向があるのですが、知識も視野も広く持つことが大切だと分かりました。それは、この研修を通して沢山の社会人の方々と出会うことで発見できたことだと思います。ライトハウスの込山社長とも再びお話する機会が与えられ、自分の意見を言うことが出来たのも良かったです。この研修中に、自分自身に「見えてないもの」が多くあることに気づいたので、「もっと見たい」という意欲が強くなりました。今後の大学生活に是非活かしていきたいです。

◆一言

まずは1歩を踏み出してみてください、と言いたいです。現実と理想とのギャップに対して自分から飛び込んでいかなければ、自分自身で吸収し発見することは出来ません。そして、この研修に参加することを決めたら、帰国後には必ず自分が成長している、という事を信じて頑張ることを強くお勧めします。

Y. Hashizume-1.JPG

ページ先頭