IT企業

学生たちの体験記

IT企業

IT企業

大学生
山田 奈々華(やまだ ななか)さん <参加期間:3週間>

「どこまで自分自身を追いこんで必死に頑張るか」「したいことにどこまで積極的に挑戦するか」だと思います。」

◆   今回の研修プログラム参加のきっかけは?

高校生の頃、英語が好きで語学としての「英語」にしか見えていませんでした。ところが大学に入学し経済学・経営学などを勉強すると知らなかった世界が広がり、英語を活かしながらもう一つ他の事ができるのではないかと考えるようになりました。日本とは人口・面積・文化など環境が全く違ったアメリカで日本の企業がどのようにアプローチし活躍しているのかを自らの目で確認することで新たな発見をし、さらに視野を広げるのに良いチャンスだと思い参加を決めました。

◆   バス利用の感想

事前に「日本のバスと違う」・「夜は危ない」などの情報を伺っていたのでとても慎重に緊張感をもって乗車しました。実際にどきっとするような思いをしたりバスがなかなか来なかったりして大変なこともありましたが、「現地らしさ」に一番触れ合ったのはこの研修先とホスト宅の往復の時間だったと思います。文化の違いや考え方の違いなど様々な発見をする良い機会になっていました。

◆   ホームステイ体験の感想

ホストはフィリピン方だったので週末は毎週親戚の集まりがありました。毎週20~30人の親戚が集まってpartyやBBQをするので沢山の方に出会い、お話しする良い機会になりました。日本人の感覚とは違い、私はゲストではなく本当に家族の一員のように接していただきました。家の中では私の個人的な時間を大切にしてくださりつつも、時には皆で団欒をすることができました。初日からすっとなじめるような雰囲気で現地に触れられ、とても充実した3週間を過ごすことができました。

山田ホスト.JPG

 

◆   研修先での実習内容

WEBサイトの編集・会社のブログ作成などを中心におこないました。他にもWEB上での新しいサービスの考案・大容量のデータのやり取りをしました。学ばせていただいた具体的なものは、FTP・Dreamwaver・Wordpress

アフェリエイトなどです。ひとつひとつばらばらに学ぶだけでなく、これらを上手く利用したサービスの考案をするなどお互いを関連づけて応用をしていく力がついたと思います。 

山田研修先.JPG

◆  1日のスケジュールをお教えください。

7:30 起床

8:30 朝食

9:00 お弁当作り

9:30 出発

 10:15 出社

 12:00  昼食

 18:00 退社

 19:00 夕食

 20:00 ホストと団欒

      自由時間

 23:30 就寝

◆   ホームステイ生活、企業研修全体を通して感じたこと

日本とアメリカは違うとは思っていましたが、思っていた以上の違いに驚きの連続でした。アメリカの積極性やだれもが、自分の意見を持ってそれをきちんと伝えるところにとても感動しましたが、それと同時に日本特有のおもてなしや心遣いの素晴らしさもしみじみと感じました。この研修でアメリカという国を知り大好きになりました。そしてアメリカに行っていたのにもかかわらず、日本を今までよりもっと好きになりました。

日本の物もアメリカへ沢山進出していましたが、日本国内の時のままではありませんでした。食べ物からビジネスのアプローチまですべてアメリカに受け入れられるように変化していました。今はグローバリゼーションと良く謳われていますが、沢山の国が関わる分こうして一つ一つの国が柔軟に変化し、相手を受け入れ自らを主張する絶妙なバランスが大事なんだと感じました。

 

山田ハリウッド.JPG

◆   研修前の期待や想像していたイメージと実際の体験に違いはありましたか?

3週間という短い期間でできることを増やし、様々な発見をし、目的を果たすというのはとても難しいことでした。ただ、そのような追い込まれた中で必死に頑張ることで帰国するころには期待以上に沢山の事を経験し感じ取ることができていたと思います。 

◆   今後海外研修を目指す学生へのメッセージ

大学生特有の長期の休みを有意義に過ごすには最適なプログラムだと思います。ただこの3週間は過ごし方次第で大変有意義な経験にもなり、もったいない期間にもなり得ると思います。沢山の発見をしてモチベーションをあげて帰るのか、ただの旅行にしてしまうのか。

本当に濃い3週間にするためには、「どこまで自分自身を追いこんで必死に頑張るか」「したいことにどこまで積極的に挑戦するか」だと思います。アメリカに行く前に目的を明確にし、現地で思い切り楽しんで貴重な経験を沢山積んで最高の3週間を過ごしてください!!

山田街.JPG

ページ先頭