IT企業

学生たちの体験記

IT企業

IT企業

大学2回生
山本翔太郎(やまもと しょうたろう)さん <参加期間:2週間>

自分から積極的に"教えてください"っていうと、1から10まで教えてくれました。たまに12まで教えてくださるんですよ。そしてその2が重要だったりするんで、本当に貴重な体験ができたと思います。

◆インターンのきっかけは?

特に深くは考えていなかったんですが、海外生活と研修が同時に体験できるので参加しました。将来は英語に関係する仕事に就きたいな、と思っているんです。具体的には外交官を考えています。

◆来る前の英語のレベルは?

英語は小学校のときからNHKラジオで独学。TOEFLの勉強も大学に入学してから独学で勉強、スピーキングの練習はそんなにしていませんでした。

毎年実施される家族行事の海外旅行先では、ここ最近一人で買い物をしたりしてましたが、今回のホームステイでは、やっぱりそんなに英語は喋れないだろうと思ってたけど、いざホストと対面したら意外と話せたんです。でも話せる話題と話せない話題の差が激しく、上手く理解できない会話は、何回も聞き返したりしました。

◆来る前の不安は?

初めてのホームステイはオーストラリアで、高校1年生の時でした。その時は全然英語が話せなかったので、今度はどんなに話せなくても積極的に話しかけようという意気込みはありました。アメリカも以前一度来たことがあったせいか、トーランス市自体はまったく聞いたことはなかったのですが、心配や不安はありませんでした。母親にも話しても心配している様子はなく、”行くのであればココナッツピーカンのジャムを買ってきて”と言われました(笑)。

(※ココナッツピーカンはケーキなどに塗るトッピングでした)

◆ホームステイ先は?

家族構成はご夫婦とお子さん二人(5歳の女の子と3歳の男の子)。初めて会ったときは写真どおりの人だなあ、と思いました。実際会ったら緊張して言葉がでないかなと思ったけど、ホストはメッチャ明るい人で、僕が心配する隙をあたえないくらいの質問攻めでした。お子さん達も日本の子供みたいにシャイじゃなく、次の日から追いかけごっこするなどかなりなついてくれました。

初め、子供の話す言葉が非常に聞きずらかったのですが、今ではしっかり聞き取れてちゃんと会話ができるようになりました。会話のキャッチボールができると向こうも子供ながらに喜ぶのが感じられますね。

朝はみんなでシリアルとベーコンを食べます。ディナーは子供が寝るのが早いので(7時半就寝)、平日のディナーはご夫妻と僕とで食べます。特に会話はないけど、インターンシップのことなど向こうから色々と質問をしてくるので、それに対して答えてます。

食事は、メキシカン料理とかコーンブレッドを独自アレンジ(アフリカの郷土料理だそうです)、ラザニア、ピザ、チキン。お子さんが乳製品にアレルギーがあるので、毎日乳製品を使わない料理を本格的に作ってくれてます。

◆週末の過ごし方

週末はこのプログラムに一緒に参加した学生同士で遊んでました。ディズニーランド、ハモサビーチ、レドンドビーチに行ったりしました。友達との連絡方法はホストの電話を借りたり、インターネットで連絡を取り合ってました。

ホストファミリーともビーチを散歩したり、教会に行ったりしていました。

◆一日のスケジュール

5:30   起床、シャワーを浴びる。

6:30~6:45    朝食。その後は二度寝をしたり、TVを見たり、出かける準備など

8:00   家を出る。行きはホスト先のお父さんに送ってもらってる。

8:30   出社。午前の業務開始。

12:00~13:00     お昼。(いつもはキッチンにある$0.25のカップラーメンと$0.35のクッキー)
   たまに会社の人と一緒に近くのレストランまで。

13:00~18:00    午後開始

18:00   バスで帰宅

19:00   帰宅

19:30~   夕食。夕食後はご夫妻とリビングでTV見たり(チャンネル数が多い!)話したり。

21:00~22:00   部屋もどり、寝る準備

22:30   就寝

◆インターンシップ企業と業務

基本的にエクセルとワードを使った業務、そしてリサーチが多かったです。企業プロフィールにはスタッフ8名と記載されてあったのですが、親会社とオフィスを共有していて、社員の方は何十人もいました。なので、僕の部署以外の方からも仕事をもらったりしてました。

このプログラムに参加する時、色んな職種に触れてみたいというのが大きな目的だったので、今回ITコンサル企業での研修は学ぶ事が多かったです。社員の方は丁寧に細かいところまで教えてくださり、今後役に立つような知識ばかりだったので、本当にありがたいです。自分から積極的に”教えてください”っていうと、1から10まで教えてくれました。たまに12まで教えてくださるんですよ。そしてその2が重要だったりするんで、本当に貴重な体験ができたと思います。

◆成し遂げたこと

今まで体験したことない、仕事を体験させてもらったという事で、自分の中でも大きな進歩がありました。それをまた海外で体験してるのでスケールの違う経験となりました。今回の研修を通して、自分に足りないものは何か、自分がこれから就こうと思っている仕事に向けてこれから何をすべきか知る事ができました。例えば、インターンシップ中僕の仕事をこなす速度は決して速くなく、四六時中悪戦苦闘していました。でも最終日、隣の席にいた社員の方から「『この仕事はどういう目的があるんだろう』とか『今なにを優先すべきだろう』と言うのを常に頭の中に置いて課題をこなしてみると言いよ」との言葉をいただきました。それは今僕の一番の目標になっていますね。

ページ先頭