語学学校

学生たちの体験記

語学学校

語学学校

大学1年生
長谷 あかり(はせ あかり)さん <参加期間:2週間>

◆本プログラムに参加した目的はなんですか?

 

私は将来なりたい職業があり、もう進路は決めているつもりでした。
でも1回生から色々な体験をせずに4年間過ごしてしまうと何かもったいないような気がしました。今、100%将来の夢を決めるのではなく、たくさんのことを経験して視野を広げて、将来の選択肢を増やしたいと思い参加しました。

 

 

◆プログラム参加にあたって、一番不安だったことはなんですか?

 

参加者と友達になれるかどうかです。1回生でインターンシップに行くのはあまり聞かないし、ホームページの体験記も1人しかいなくて上級生ばかりで、同じ大学の人もいなくて、本当に大丈夫なのか心配でした。4日間だけでしたが、夕方の自由時間や週末、職場の雰囲気などやりとりする人がいなかったらどうしようと思っていました。

 

 

◆実習で行ったタスクを教えてください。

 

生徒さんの個人ファイルの整理など、事務のお仕事全般をしました。
また、この学校により多くの日本人に入学してもらえるためのプレゼンを英語でしました。学校の裏側を知って、学生の私であるからこその意見も交えてプレゼンしました。

 

 

◆実習先で良かったことはなんですか?

 

語学学校だったため、少しでも留学生の気分が味わえるのではないかと、仕事後の夕方のクラスで授業を受けさせてくれました。そのおかげで本当に留学生になったような気分で、英語を学ぶことができました。
職場で最後の日にはプチパーティーのようなものをしていただき、手紙も書いていただきとても嬉しかったです。

 

 

◆実習中に自分が最も努力したことを教えてください。

 

少しの気遣いを心掛けました。任された仕事をこなすだけでなく、わかりやすいように線を引いたり、取りやすいようにしたり、何かひと工夫を加えて仕事をするようにしました。

 

 

◆実習中はホームステイでしたが、その中で楽しかったことはなんですか?

 

夜の食後のティータイムです。ホストファザーがロシア人だったので、ロシアンティーを飲んで甘いお菓子を食べながら、今日あったこと、不思議に思っていること、将来のこと、自分のことなどたくさん話すようにしました。ホストマザーは日本人だったので難しい単語は日本語になったりしましたが、それ以外はすべて英語。子どもは英語しか話せないネイティブでおもしろい家庭でした。

 

received_779981098839367

 

◆ホームステイにおいて最も努力したことはなんですか?

 

自分から何か手伝えることを聞いたり、話したりするようにしました。週末は1日だけホストファミリーとの日にしようと思っていたので、行きたいところを言って連れて行ってもらいました。

 

 

◆本プログラムで一番伸びたと思う自分の能力はなんですか?

 

リスニング力と積極性です。
英語でいうととてもリスニング力が高くなったと思います。1人でバスに乗ったり買い物したり、生徒さんや先生と話す中で他に頼る人がいないので注意して聞くようになったからだと思います。
また、積極性については、上級生にも自分から話しかけたり、こんなことがしてみたい!という要望を言ったり、自分から物事を動かす場面が何度もあったように思います。

 

 

◆今後参加を考える後輩にアドバイスをお願いします。

 

現地で働く人の話が聴けて、参加者も職場でもその人のこれまでの人生のドラマなどが聴けて自分のためになることがたくさんありました。どうして今があるのかなど、たくさんの違ったストーリーを聴くことができ、自分だけじゃないんだ!と共感することや、そんな道があるんだ!と新しい発見をすることができました。それぞれの価値観を知れたり、個性がわかったりして、本当に視野が広がりました。
新しい物事を知りたい、体験したいと思う人、自分の成長を感じてみたいと思う人にオススメです。

 

1505064790168 1503840560389

ページ先頭