ロサンゼルス郊外トーランス市トーランス小学校

学生たちの体験記

ロサンゼルス郊外トーランス市トーランス小学校

ロサンゼルス郊外トーランス市トーランス小学校


大越修二(おおごえ しゅうじ)さん <参加期間2週間>

「若い先生には是非参加して勉強して頂きたいと思います。」

◆参加されたきっかけは?

私は長年教育に携わってきましたが、本当に多くの方々に支えられてきました。それがきっかけで、ボランティアをしたい、と思いました。「教育の現場でボランティアをしたい」「英語を学びたい」という思いがあり、2つが体験できるこのプログラムに参加することを決めました。

◆来る前に不安や期待はありましたか?

先生のアシスタントとしてやっていけるかどうか。また、ホストファミリーの方々との関係は大丈夫だろうか。という不安はありました。しかし今回で4度目のアメリカでしたし、ホームステイも4度目、教育分野でのボランティアも2度目ということもあり、緊張したり焦ることはありませんでした。ただ、出発の数日前に親戚から「そんなところに行くの?!」と驚かれてからは、「前回の教育ボランティアは民間が経営する教育機関だったけれど、今回は公立小学校で大丈夫だろうか」と少々不安になりました。前回、サンフランシスコでのアフタースクールボランティアでは、自分で自分のスケジュールを決めることができたが今回はそうはいかないだろう、と身を引き締める思いを持ち直しました。

◆実際に到着してからはいかがでしたか?

今までのホームステイ体験、バスの乗車体験、生活体験があったせいか、割とスムーズに生活に慣れることができました。これが初めての体験だったら大変だったかもしれませんが、いろいろな体験が活かされて、余裕を持つことができました。

◆1日のスケジュールを教えてください。

6:00AM頃        起床・身支度・朝食

7:00AM   出発

8:00AM   到着・教室の前で生徒と話したりして担任の先生の到着を待つ

8:30AM頃        担任の先生到着・その日のスケジュール確認

8:40AM~         授業スタート

10:00AM         休み時間(担任の先生と次の授業の打ち合わせ・準備)

12:00PM         昼食(他の先生方と一緒に)

12:45PM         授業スタート

2:30PM   授業終了

3:30PM   授業終了後、次の日の準備などをして3:30PM頃に全て終了

   途中ショッピングモールなどで買い物をして帰宅

6:00PM   夕食

7:00PM   就寝準備など

8:00PM   就寝

ogoe1.JPG 

◆研修内容はいかがでしたか?

午前中は主に宿題の答え合わせをサポートしました。担任の先生が1つ1つ口頭で説明し、私はホワイトボードにそれぞれの解答を書きました。その他には、授業のポイントが理解できていない生徒を助けたり、問題用紙を配布したりしました。また、「Who is Shuji?」というアクティビティの中では、私に対して各生徒がカードに質問を書き、私がそれらに答え、生徒たちが各自1枚の紙にまとめる作業をしました。「家族は何人ですか?」「子供の名前は?」「奥さんの名前は?」などの質問が出て、子供たちはそれらを絵に描いていました。

英語でのコミュニケーションがなかなか難しいですし、体力的にも厳しい時もありました。しかし、「今日もあの子供たちの顔が見れる」という思いで続けることができました。先生とのコミュニケーションに苦戦しても、子供たちが助けてくれるのです。本当に励まされました。担任の先生もとても協力的で、子供たちに日本語で挨拶することを勧めたりして、私が楽しみやすい環境を作ってくれました。

◆研修中にどんな発見がありましたか?どんなことが印象に残りましたか?

とにかく子供たちが素晴らしかったです。多種他民族の地域ですから様々な人種の子供たちがいる中、子供たちは異文化を異文化として認識することなく、「差別」が全く存在しないのです。日本ですと、同じ民族同士でも転校生が来るだけでいじめがあったりしますが、ここでは皆がお互いを認め合う姿を見ることができました。それは親が努力しているのか?子供なのか?先生なのか?分かりませんが、私はその姿にとても感動しました。

◆長年教育の現場で活躍していた大越さんにとってアメリカの学校はどんな風に写りましたか?

教育者としてのキャリアはありますが、今回は特にそういう立場ではなく、あくまでもボランティアとしてお手伝いさせて頂きたいと思ったので特別に「教育者だから」という見解はありません。ただ例えば、ここでは授業中に子供たちが飲食することが許されますが、日本では許されない、とか、アメリカ国家を熱心に歌う子供たちの姿は印象に残りましたね。

◆ホームステイはいかがでしたか?

今回で4度目のホームステイ体験でしたが、全てに共通するのは、家族全員で食事を取る機会が少ない、ということです。もちろんこういう事は、日本でも各家庭で異なりますので一概に言えませんが、まず気づいたことかもしれません。しかし、今回のホストファミリーの方々には本当に温かく迎え入れていただいたことは確かです。ホストファーザーの方は私と同じくカジノが好きで、2人で2度ほど一緒にカジノへ行きました。また、ご夫婦と一緒に海までジョギングに出かけたりしました。今日もこれからドジャースタジアムで一緒に野球観戦する予定です。

◆教育に携わっている方々や学生の方々に一言お願いします

若い先生方には是非参加して勉強して欲しいと思います。もちろんアメリカの教育にも良いところと悪いところがあります。それらを体験して、自分はどのようにしていこうか?と考える機会としてほしいですね。学生の方々でもし参加を決めている方がいらしたら、参加できることを親に感謝して頂きたいですね。普通では体験できない事ばかりですので。参加する際は、是非意欲や目的をもって参加頂きたいと思います。

ogoe2.JPG

ページ先頭